記事ヘッダー画像

インターナショナルスクール

2021.06.29

帰国時の新たな学びの選択肢②(小学生:広島)

従来のインターナショナルスクールとは異なった特徴

AIC World College広島 初等部はほとんどの科目を英語で学ぶインターナショナルスクールなので、児童が帰国前に獲得した英語力の保持・向上に資することは勿論ですが、従来型のインターナショナルスクールと異なる特徴を持っています。その一つが日本語教育への注力で、日本語による国語の授業を毎日行い、漢字アプリ等も活用して、概ね学習指導要領に沿った内容を楽しく習得できるよう工夫しています。同様に算数にも注力しており、近年シンガポールがPISA、TIMSSといった国際的な学力調査の算数・数学で常に上位を維持している要因とされるシンガポールマスや、そろばんの仕組みをiPadで応用した「イメージ暗算」学習法のそろタッチを取り入れています。加えて、STEAM(Science、Technology、Engineering、Art、Mathematics)教育への注力の一環として、音楽ではスズキメソードによるバイオリン教育も行っています。

進学において一層広がる選択肢

AIC World College広島 初等部は、卒業生のAICJ中学・高等学校への進学を全面的にサポートします。AICJ中学・高等学校は学校教育法による「一条校」でありながら、中学校では全員が英語イマージョン教育(英語で学ぶ授業の割合:40%)を受け、高校進学時には国内進学コース(東医H、早慶/国立大)、あるいはIBディプロマコース(英語で学ぶ授業の割合:90%)を選択することができ、正に日本を含む全世界の名門大学への進学の道が開けます。更に、2020年にニュージーランドNo.1の高校に選出されたAuckland International Collegeへの進学という選択肢もあり、同校が輩出する世界ランキング50位以内の海外トップ大学に進学する卒業生の仲間入りを目指すことができるのです。AICJ中学・高等学校、Auckland International College共に、国際バカロレア(IB)ディプロマプログラム(DP)の認定校です。

その他: 注目事項

AIC World College広島 初等部では、放課後の時間にラーニングスペース(図書室)で読書などをして、他学年の児童とも触れ合いながら最長18時まで過ごせるStay@Classroom(放課後預かり)や、外部生も交えて英語での様々な活動を通じて英語力、探究心・積極性を培う様々なコースを選択しながら教科の枠を超えて自分たちが中心となって学んでいくAIC After School(英語学童)といったプログラムも実施しています。今夏からはSummer Schoolも開講し、AIC World College広島 初等部の授業の擬似体験も可能となります。

AICエデュケーションは、AIC World College広島 初等部やAICバイリンガル幼稚舎を運営する他にも、AIC鷗州グループならではの各種学習塾、英語教室、ロボットプログラミング等の充実した放課後コンテンツも提供しており、在校生には様々な料金特典があります。

また、2022年4月には、姉妹校としてAIC World College of Kyoto Elementary Schoolが京都に開校します。同校キャンパスでも今夏からAIC After School/AIC Summer Schoolを開講し、同校の授業の擬似体験が可能となります。

AIC World College of Hiroshima Elementary School

AIC World College of Kyoto Elementary School

AICJ中学・高等学校

Auckland International College

この記事をいいね!する

SHARE

Twitter Facebook