記事ヘッダー画像

入試英語

2021.05.25

TOEFLiBT®テストスコアを入試活用できる大学(広島大学など)

 英語入試制度の変革に伴い、英検に加え様々な英語資格試験を利用できる大学が近年増えつつあります。今回は、その中でも英語に特化した国内大学への進学や、北米圏の大学への留学を将来的に検討している方に向け、TOEFLiBT®試験についてご紹介します。

 TOEFLiBT®テストスコアを活用できる一般入試試験は近年ますます増加しています。リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング、以上の4スコアに各30点が割り振られ、合計120点満点で得点が出されます。この試験の特徴として、世界中からの受験者がいることがあげられます。そのため、留学を検討している人にとっては馴染みのある試験です。リーディングの内容も、大学の講義で学ぶような高度なものをテーマとしているため、様々な分野の語彙を習得できます。

 下記に、TOEFLiBT®テストを利用することで加点、または大学入試共通テストで「みなし満点」とされる大学を紹介します。(下記の情報は2021年度入試に基づくものですので、詳細については各大学のホームページや募集要項など、最新の入試情報をご確認ください。)

広島大学全学部(全学科)

利用方法得点換算
基準スコア72
備考大学入試共通テストを利用する入試で「みなし満点」とする。
広島大学HPhttps://www.hiroshima-u.ac.jp/

山口大学国際総合科学部(国際総合科学科)

利用方法加点
基準スコア45/65/80
備考前期日程試験において、45以上(10点)、65以上(20点)、80以上(30点)を加点。
後期日程試験において、45以上(20点)、65以上(40点)、80以上(60点)を加点。
山口大学HPhttp://www.yamaguchi-u.ac.jp/

国際教養大学

利用方法得点換算
基準スコア72
備考72以上を所有している者については、当該スコアを証明する書類を出願時に提出すると、受験した大学入試共通テストにおける英語科目を満点と換算し、合否判定される。
国際教養大学HPhttps://web.aiu.ac.jp/

この記事をいいね!する

SHARE

Twitter Facebook